バイナリーオプションの一般的な認知度

hiuyui


FXに比べて、バイナリーオプションの一般的な認知度はまだまだ高いとはいえません。「1分で利益確定!」「経済やチャート分析の知識がなくても大丈夫」「1コインから取引できる」など、宣伝文句が魅力的すぎるために「それって本当?」などと疑念を抱いている方も少なくないのではないでしょうか。15年あたりからハイローオーストラリアという業者が有名になってきました。結論からいうと、今ここに挙げた宣伝文句は合っているものもあれば、条件つきのものもあります。バイナリーオプションの魅力をしっていただくために、まずはバイナリーオプションがどういう仕組みの取引なのかということをご説明します。

バイナリーオプションはオプション取引のうちの「エキゾチックオプション」の1つです。と書いても何のことやらさっぱりわからないと思われるかもしれません。オプション取引というのは、実際に通貨や商品を購入して取引するのではなく、「決済できる権利」を購入するものです。エキゾチックオプションでは、決済をするために、期日に加えて、「今よりも価格が上がっていたら決済する」「〇円よりも価格が下だったら決済する」などさまざまな条件を負荷します。

オプション取引の面白いところは、条件を付加することで、取引のルールを至極簡単にすることができる、というところです。バイナリーオプションは中でも「二者択一」「予測が当たれば決済、外れれば没収」という究極にシンプルな段階まで条件を設定したエキゾチックオプション。決済までたった1分のオプションがあったり、500円から権利を購入できたりと、バイナリーオプションのメリットをより強める工夫が、各バイナリー業者によって実施されています。

というわけで1つ目については、確かに利益が確定されることもあるけれど、予測が外れれば購入金額のみ没収になるので△、3つ目は◯ということになります。2つ目もいってしまえば△です。知識はあるにこしたことはありませんが、少額で、損失が購入金額以上に増えてしまうことのないバイナリーオプションなら、実際に取引をしながら勉強していくということもできるからです。

ちなみにバイナリーオプションは、規制の厳しい国内の業者と海外の業者では、選べるオプションの種類や購入できる金額にかなり違いがあります。いずれもいいところはありますので、自分にあったバイナリーオプション業者を選んでみてください。口座開設が簡単で、入金時にキャッシュバックボーナスがある業者は圧倒的に海外バイナリーのほうが多いです。

不動産投資 

 去年の夏場は、ドル円相場が100円を割る水準まで円高が進行しましたが、最近は足元で115円前後の相場が続いていて、株式投資や不動産投資の環境は比較的良好ではないでしょうか。
 しかし、最近新聞などの記事を読むと、人口減少や過疎化の影響により、空き家率が増えていて人口の多い首都圏でも例外ではありません。

 不動産や原油などの相場は、基本的に需給バランスによって価格形成されますので、投資するタイミングを誤ると大損してしまうリスクがあるのが、見解として考えられます。その大きな理由には、人口減少社会を迎えているのに、マンションの建築ラッシュや年金対策や低金利の影響により、アパートが需要もない所まで林立していて、新築アパートにもかかわらず全くと言っていいほど入居者がいないなどの現象が生じています。

 需給バランスが崩れているのに、価格が高止まりしているということは、マンション市場がバブル化しているひとつの証ではないでしょうか。
 株式などの投資を経験されている人なら、ピンと来ると思いますが、不動産市場は売り手と買い手がいますので、売り手側はなるべく高い価格で売り捌きたい意図があるのです。経済雑誌などで不動産がテーマとした記事で必ずと言っていいほど紹介される代表的なエリアのひとつに武蔵小杉がありますが、新築物件価格は正にバブル的な状態にあると分析しています。

 同じブランドの呼称を使っているマンションの価格を比較しましたが、築年数が3年程度しか違わないのに、価格差が実に500万円あったりもします。
 不動産は、決して安い買い物ではありませんので、投資物件用途の住宅ローンを利用して資金調達するのが主なスタンスではないでしょうか。

 投資タイミングを誤れば、買値より現在の評価額が大幅に減り、投資資金が回収できなくなったり、場合によっては空室が数多く発生し、返済がままならなくなるリスクも。
 昨年の年末近くに、投資用物件の情報収集した経験がありますが、物件そのものは白基調の落ち着いた質感が溢れるインテリアが何よりも魅力的でした。振り返ってみると、物件価格が単身用の間取りにかかわらず、とても高かったのが印象に残っていますね。
 物件そのものは魅力的でしたが、バブル化している感は否めなく、投資すべきタイミングではないと判断し断念しました。

 また、充分に資金がない状態でローンを組まれたりしているケースも多くあると想定され、仮に市場価格が下落すれば、日本版サブフライムローンが起きても不思議ではないでしょうか。
 今後、不動産投資を検討されている場合は、その点を念頭に持って判断された方が賢明ですよ。