FXと株取引の違い




FXは通貨を銘柄にし、外国為替市場の為替相場を利用して為替差益を求めていく投資取引になります。

同じように相場を利用した投資取引には、株取引や、先物取引といったものがありますが、FXには特徴的な違いがあり、それを利用することにより他の投資取引きや資産運用よりも、さらに積極的に利益を掴むことが可能となっています。

まず最初に挙げられるのはレバレッジです。これはFX取引業者と契約を結び取引口座を作る際に預け入れる証拠金を担保にし、自分の投資した資金を何十倍、何百倍にもして、より大きな取引を行う仕組みになっています。これによりFXでは、少ない投資金で大きな利益を得ることができるのです。

もう一つは売買の仕方にあります。FXは異なる2つの通貨を互いに売買しながら、その為替差益を求めていくことになるのですが、例えば株取引では多くの場合、「安く買ったものを高くを売る」事でしか利益を求めることが出来ないのに対して、FXでは「高く売った物を安く買いもどす」というプロセスで利益を求めることができるのです。

「安く買って高く売る」という形式は、それほど理解が難しいものではありません。
例えば、ここに1ドル100円という相場があったとします。ここに新規の買い注文を入れ100万円払って1万ドル購入します。
しばらくすると為替レートの変動があり、1ドル120円になったために、保持している1万ドルの価値が120万円になったので、決済注文を入れてドルの保持を解除し120万円を手に入れ、差し引きで20万円の利益を確定させます。

これに対し「高く売って安く買い戻す」場合はこうなります。
先ほどと同じレート1ドル100円のがあったとします。ここに新規の売り注文を入れ、FX取引業者から1万ドルを用立ててもらい、それを売って100万円を手に入れます。
しばらくすると為替レートの変動があり、1ドル80円になったために、保持してる100万円の価値が12500ドルになったので、決済注文を入れて円の保持を解除し12500ドルを手に入れ、FX業者から借り入れた1万ドルを返却し、差し引きで2500ドル、つまり20万円の利益を確定させます。

このようにFXでは、2つの異なる通貨を相互に売買するという特性上から、売り注文からの新規取引きを始めることができるのです。
これを利用すれば、例えば為替のレート相場が下落方向に動いていても利益を上げることができ、もちろん、上昇方向に動いていても利益を上げることができるために、いわゆる不況に対しても強みを発揮することができる投資取引なのです。